不動産の値段は各社違います!だから・・・

後悔しない不動産売却


後悔しない不動産売却には、最低でも3社の見積もりは必要です!

不動産売却で赤字になるパターン

不動産の取引は金額が大きく、仕事でしている人でなければ人生の中でも何度も経験することではありません。それだけに失敗はしたくありませんが、中でも不動産売却は、価額を決めるところから自分でしなければならず、より慎重に行う必要があります。

 

不動産売却する際、査定により、「市場では、おおよそこのぐらいですよ・・・。」と、不動産屋が査定をしてくれますが、最終的に売却価額と言うのは自分で決めることができます。極端な話、三千万円の査定をもらった人が、三千五百万で販売することは、自由なのです。しかし、相場より高ければ、なかなか買い手が現れず、結局、価格を下げて再販売する結果となります。

 

また、逆にあま林にも早く買い手が現れると、もう少し高くしても売れたかもしれないと後悔してしまうこともあります。不動産は家電や自動車のような工業製品とちがって、同じものは二つとないため、”正しい価額”というのはありません。

 

不動産を売却した場合、売却した料金がすべて、手に入れられるのではありません。避けて通ることのできない、費用が発生します。不動産売却の費用を知っておけば、想定外の赤字は避けることができます。
不動産売却の費用の中で、金額的にも内容的にも重要なのが仲介手数料、買い手を見つけて成約に至った不動産会社にのみ支払いますが、取引金額の約3%です。所有権移転登記費用は買手が負担しますが、売却時点で抵当権が付いている場合、残債があれば清算し、抵当権抹消費用は売り手が支払います。 ここまでは、売買契約と同時に行いますが、税金の申告は翌年になります。納税資金を残しておかないと、税金分が赤字になってしまいます。

 

売値を決めるにあたっては、仲介料や抵当権抹消費用、納税額まで試算して、手取り金額を把握しておくと安心です。