不動産の値段は各社違います!だから・・・

後悔しない不動産売却


後悔しない不動産売却には、最低でも3社の見積もりは必要です!

不動産売却には時期も重要

普段から不動産のチラシを興味を持っている人ならお分かりだと思いますが、春と秋の転勤や新学期のシーズンに、不動産売買は活発に動きます。
言わずもがな、転勤などで引越しが増えることと、子どもの長期のお休みの間に引っ越しを終えようとするからです。

 

もし自分の所有する不動産を転勤等の理由で、売却しなければならない状態になった場合、時期には注意する必要があります。

 

12月に転勤が決まった場合、家の売却の検討は早いに越したことはありません。同じように転勤や新学期で引越しする人は3月末までの引越しを考えているからです。

 

引越しする人が家を見に行く人のピークは2月から3月にかけてです。逆算すると、そのピークに合わせるのなら1月から売る計画を立てる必要があります。

 

不動産売却の場合、時期は重要です。早く出せば出すほど多くの人の目に留まります。
どんなに良い物件でも時期を間違えると簡単には売れません。

 

不動産売却の流れはオープンハウスを開いてお客さんが見に来ます。一回で決まるは少ないので一回来たお客さんが次に家族と見に来るという流れです。

 

その後、住宅ローンの手続きを進めると、最短でも1か月は見ておく必要があります。ほとんどのお客さんが検討から購入まで3か月から半年掛かっているため3月末の引越しを考えている人の不動産売却は時期を考えて出来るだけ早めに始めることが住み替え成功への近道です。

 

売却を成功させるには、早めに動きましょう。