不動産の値段は各社違います!だから・・・

後悔しない不動産売却


後悔しない不動産売却には、最低でも3社の見積もりは必要です!

不動産査定に必要なもの

ネットからの簡単な一括見積を行う
査定を依頼すると、簡易査定をしてくれます。簡易査定の中から、さらに、細かい査定をしてもらいましょう。査定見積もりの中から、比較的査定金額の高い不動産会社。近くの大手。地元の不動産など、一口に不動産屋さんといっても、得意不得意の物件がありますので、複数業者からの「あいみつ」しましょう。

 

物件購入時のパンフレット・契約書
契約書・物件図面等。購入時のチラシがあれば、それも一緒に見せると喜ばれます。

 

固定資産税、都市計画税の明細
  毎年支払う固定資産税と都市計画税の内容がわかる資料を用意する。

 

住宅ローンの支払明細
毎月の支払額と直近の住宅ローンの残債務額がわかるもの。査定の際にこの残債務額は非常に重要になります。

 

権利証
権利証は、実際には決済引渡しまで必要ではありません。ただし中には紛失されている方もいるため、一応、確認しておきましょう。

 

マンションの毎月の維持費がわかるもの
マンションの場合・管理費や修繕積立金、駐車場代や組合費。マンションに住む上で必要となる毎月の維持費を書き出しておきましょう。戸建ての場合、町内会費等。