不動産の値段は各社違います!だから・・・

後悔しない不動産売却


後悔しない不動産売却には、最低でも3社の見積もりは必要です!

知らないと損をする!不動産売却の免税

大きな価値を持っている物品などを売却した際には、税金の支払いが必要になるケースが多く、特にいわゆる一時所得金の場合では、高額な税率が課せられてしまうケースもあります。

 

そんな中、不動産売却として所有している物件を売却することを決めている方の場合では、支払うことを必要としている税金について気になる部分となっている場合もあります。

 

この点に関しては、不動産売却の場合では、多くの方が人生の中でも何度も行うことでは無いために、事前に一定の知識を持っていることが必要とされています。不動産売却で税金が課せられるケースでは、いわゆる譲渡収益が発生した場合に限ります。

 

例えば3000万円で購入した物件を不動産売売却を行った場合に、売却額が2500万円だった場合では、譲渡損が生じてしまうことになるために、税金に関しては免税となります。また、たとえ譲渡収益があった場合でも、不動産会社などに委託をした方の場合では、不動産会社に支払うことが必要な仲介手数料や各種費用が必要になります。

 

売却額からこの部分も差し引くことが一般的になり、最終的な利益が決定されることになります。さらに収益が出た場合でも、基本的に3000万円までは免税されるために、売却額を知った上で手放すことが良い方法になります。